株式情報のトレーディングスター’s diary

株式情報のトレーディングスター

13日海外市況

NYダウ       38,272.75  -524.63
S&P500     4,953.17  -68.67
ナスダック総合    15,655.60  -286.95
CME225先物   37,685   -445
※1月消費者物価指数(CPI)が予想を上回り米10年債利回りが上昇したことや、米連邦準備理事会(FRB)による年内複数回の利下げ見通しが大きく後退したことが株式相場の重しとなった。ダウ平均は下落してスタートすると、終盤に757ドル安まで下落幅を広げ、524.63ドル安(-1.35%)の38272.75ドルと大幅に反落して終了。一日の下落率は昨年3月以来の大きさとなった。S&P500も1.37%安の4953.17ポイントで終了し、ナスダック総合は1.80%安の15655.60ポイントで終了。ともに大幅2日続落となった。景気敏感株が多い小型株指数のラッセル2000は3.96%安と4日ぶりに大幅反落した。業種別ではS&P500の全11セクターが下落。一般消費財、不動産、公益、IT、素材、コミュニケーション、金融、エネルギー、資本財の9セクターが1%超下落した。ダウ平均採用の30銘柄はディズニー、トラベラーズ、ビザなど5銘柄が上昇した一方、ウォルグリーンが4.77%安、ゴールドマン・サックスが3.54%安となったほか、キャタピラーボーイングマイクロソフト、ホーム・デポなど8銘柄が2%超下落した。

相場見通し

【来週の見通し】 堅調か。月曜が休場で立ち合いは4日。決算発表は終盤戦となるが、週明けには東京エレクトロン<8035.T>の決算を消化するほか、水曜14日にはソニーG<6758.T>が決算を発表予定。国内主力企業の決算が概ね出そろった後も、15日には米国で半導体大手のアプライド・マテリアルズが決算予定であることから、来週も個別の物色は活況が続くと見込まれる。米国では1月の消費者物価指数(CPI)ほか経済指標の発表が多く、結果を受けた米長期金利の動向には気を揉むことになると思われる。ただ、米金利が低下すればリスクオンの流れが加速する公算が大きく、金利が上昇すればバリュー株に資金が向かいやすい。日経平均は今週、直近高値を上回っており、今は買い手の方に勢いがある。弱材料に耐性を示すことで、水準を切り上げる流れが続くと予想する。
(TWEBより)

<国内>市場スケジュール

13(火) 1月国内企業物価指数(8:50) 1月工作機械受注(15:00)
NISAの日
《決算発表》
JT、SMC、アサヒ、INPEX、パンパシHD、シマノ、日清食HD、鹿島、出光興産、光通信、ホシザキ、大正薬HD、GMOPG、クレセゾン、東建物、ラクス、楽天銀行、メルカリ、エクサウィザー、スノーピーク、ジャパM&A、ブルーイノベ
14(水) 《決算発表》
ソニー東京海上、ゆうちょ、日本郵政、MS&AD、大塚HD、第一生命、日ペイントH、オリンパス、クボタ、SOMPOHD、バンダイナム、キリンHD、ヤマハ発、楽天G、TOPPANHD、T&DHD、マツキヨココカラ、電通G、かんぽ、SUMCO、NXHD、山崎パン、コーセー、サンリオ、オープンハウス、パーソルHD、すかいHD、レゾナックHD、サッポロHD、住友ゴム、コカコーラBJH、トリドールHD、TOYOTIRE、ライオン、ポーラオルHD、宝HD、魁力屋、ヒューマンT、AeroEdge
15(木) 10-12月期GDP(8:50))
《決算発表》
サントリーBF、トレンド、ピジョンカヤック
16(金) 12月第3次産業活動指数(13:30)
《決算発表》
ブリヂストン、浜ゴム

市場スケジュール

12(月) 米1月財政収支(2/13 4:00)
《米決算発表》
トリンブル、アリスタ・ネットワークス
13(火) 独2月ZEW景況感指数(19:00) 米1月消費者物価指数(22:30)
《米決算発表》
バイオジェン、AIG、エアビーアンドビー、コカ・コーラ、エコラブ、ムーディーズ、ハウメット・エアロスペース、インサイト、ゾエティス、ハズブロ、レイドス・ホールディングス
14(水) 《米決算発表》
シスコ・システムズ、クラフト・ハインツ、CMEグループ、ウィリアムズ・カンパニーズ
15(木) 米2月ニューヨーク連銀製造業景気指数(22:30)
米1月小売売上高(22:30)
米1月輸出物価指数(22:30)
米1月輸入物価指数(22:30)
米1月鉱工業生産(23:15)
米1月設備稼働率(23:15)
米2月NAHB住宅市場指数(2/16 0:00)
米12月対米証券投資(2/16 6:00)
《米決算発表》
アプライド・マテリアルズ、ラボラトリーコープ、CBREグループ、ジェニュイン・パーツ、サザン
16(金) 米1月生産者物価指数(22:30) 米1月住宅着工件数(22:30) 米1月建設許可件数(22:30)
米2月ミシガン大学消費者態度指数(2/17 0:00))

《米決算発表》
バルカン・マテリアルズ

市場スケジュール

5(月) 10年物価連動国債入札
《決算発表》
三菱UFJ伊藤忠、三菱電、住友商、アステラス薬、郵船、キッコーマン、住友電、オムロン、ヤマトHD、大林組、JSR、コンコルディアスクエニHD、東ソー、王子HD、京王、住友ベ、ワークマン、ハウス食G
6(火) 12月家計調査(8:30) 12月毎月勤労統計調査(8:30)
《決算発表》
トヨタ、三菱商、任天堂ダイキン、LINEヤフー、三菱重、味の素、エーザイ、JFE、三菱ケミG、島津製、横河電、リコー、シャープ、ブラザー、ヤマハJR九州ニチレイ、Gウイン、カルビーダイセル、フジHD、レンゴーニッスイタカラトミー、GSユアサ
7(水) 12月景気動向指数(14:00) 30年国債入札
《決算発表》
ソフトバンクテルモオリックス、日本製鉄、ユニチャーム、スズキ、NTTデータG、花王旭化成、協和キリン、AGC、阪急阪神SBI三井化学太陽誘電、カシオ、三井金、DeNA、テレ東HD、レオスキャピタ
8(木) 1月都心オフィス空室率(13:00) 1月景気ウォッチャー調査(14:00)
《決算発表》
NTT、ソフトバンク、ホンダ、ルネサス富士フイルム、セコム、日産自、SUBARU、ニトリHD、ネクソン、住友鉱、東レ、ダイフク、明治HD、大成建、ホトニクス、マクドナルド、清水建、アズビル、関西ペ、TBSHD、クラレ、コスモエネHD、丸井G、博報堂DY、帝人、カバー、JTOWER
9(金) 1月マネーストック(8:50) オプションSQ 5年国債入札
《決算発表》
東エレク、リクルートHD、三井不、大和ハウス、菱地所、住友不、ENEOS、シスメックス資生堂、三菱HCキャ、ゼンショーHD、ヤクルト、マツダ、東急、KOKUSAI、アシックス、神戸鋼、ロート、飯田GHD、川重、エア・ウォーター、IHI、三菱マ

30日海外市況

引け後のマイクロソフト、アルファベットの決算発表や翌日の米連邦公開市場委員会FOMC)結果公表を控えて様子見姿勢が強まった。ダウ平均は133.86ドル高(+0.35%)と4日続伸し、前日に続いて取引時間中と終値の史上最高値を更新。ボーイング、アップルが約2%下落したものの、JPモルガン・チェースが2%超上昇し、ゴールドマン・サックスアメリカン・エキスプレス、ビザなども1%超上昇したことが支えとなった。S&P500は終日ほぼ横ばいで推移。一時0.06%高まで上昇し、取引時間中の史上最高値を更新したが、0.06%安とわずかながら反落して終了。ハイテク株主体のナスダック総合は0.76%安と反落した。
引け後の動きではマイクロソフトが時間外で約2%安。2024年度第2四半期(10-12月)の売上高と調整後一株当たり利益(EPS)が市場予想を上回ったが、株価は売りが優勢。アルファベットも10-12月期の売上高と調整後EPSが市場予想を上回ったものの、グーグルの広告収入が予想を下回ったことで株価は時間外で約6%下落した。

29日海外市況

NYダウ       38,333.45  +224.02
S&P500     4,927.93  +36.96
ナスダック総合    15,628.05  +172.68
CME225先物   36,125   +85
※週内にマイクロソフト、アルファベット、アップル、アマゾン、メタなどのハイテク・ジャイアントの決算発表や、米連邦公開市場委員会FOMC)、米1月雇用統計などの重要イベントを控える中、米10年債利回りの低下を追い風にハイテク株や消費関連株が買われ相場をけん引した。ダウ平均はほぼ横ばいでスタートしたものの、終盤に買いが優勢となり、224.02ドル高(+0.59%)と3営業日続伸して終了。先週末に7日ぶりの反落となったS&P500とナスダック総合も、それぞれ0.76%高、1.12%高と反発した。ダウ平均とS&P500は先週末に続いて取引時間中の史上最高値を更新し、終値ではダウ平均が3営業日連続、S&P500は2営業日ぶりの高値更新となった。
S&P500の11セクターはエネルギーを除く10セクターが上昇。一般消費財が1.37%高と上昇率トップとなったほか、ITが0.97%高、コミュニケーションが0.89%高となり、ヘルスケア、不動産、資本財、公益も0.6%超上昇した。米10年債利回りは先週末の4.160%から4.085%に低下。米財務省が第1四半期の借り入れ予想額を引き下げたことが金利低下につながった。

<国内>来週の市場スケジュール

29(月) 《決算発表》
JPX、東映アニメ、コーエーテクモキヤノンMJ、マクニカHD、九電工、航空電、住信SBIネ、トプコンキヤノン
30(火) 12月失業率(8:30) 12月有効求人倍率(8:30) 2年国債入札
《決算発表》
OLC、キヤノンコマツJR東海、NEC、大ガス、ヒューリック、大東建、積水化、小糸製、日清粉G、ソシオネクス、アルプスアル、M&A総研H、日本M&AM&AキャピSBIリーシンク
31(水) 日銀金融政策決定会合の主な意見(1/22~23開催分) 12月商業動態統計(8:50) 12月鉱工業生産指数(8:50)
《決算発表》
日立、第一三共アドバンテ富士通レーザーテクJR東日本、TDK、NRI、野村HD、塩野義、三住トラスト、商船三井、関西電、りそなHD、ANA、エムスリー、JR西日本カプコン、中部電、スクリン、東電力HD、京成、富士電機、SCSK、野村不HD
2024年02月
1(木) 1月新車販売台数(14:00) 1月軽自動車新車販売台数(14:00) 10年国債入札
《決算発表》
三井住友、中外薬、武田、HOYA、京セラ、コナミG、大塚商、イビデンローム三菱自、ヒロセ電、日本ハム、BIPROGY、ヤマダHD、コニカミノルタ、JVCKW
2(金) 1月マネタリーベース(8:50)
《決算発表》
キーエンスKDDI、三井物、デンソー、みずほ、村田製、丸紅、豊田織機パナソニックH、豊通商、川崎船、日本酸素、アイシン、JAL、エプソン双日、ミツコシイセタン、住友化、豊田合、H2Oリテイル